FC2ブログ
【お薦め記事】
【Pちゃん最新記事】
【PちゃんGoogle検索】
Google


【Pちゃん広告】
07


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


09
  
PSP、PS2、DS、バックアップ起動、エミュレータ、ダウングレード、アップグレード、Windows関連、skype、Xlink kai、ゲーム発売情報など
--/--/--(--) --:-- スポンサーサイト スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/08/29(水) 09:32 【PANDORA'S BATTERY(パンドラズバッテリー)簡易版手順】 【PSPダウングレード】
プロメテウスプロジェクトよりPANDORA'S BATTERYがリリースされました。
このツールを使用すると、起動不可になったPSPが復旧したりFW3.52からでもダウングレードが可能です。
尚、PANDORA'S BATTERYの記事は手順を多く書くと逆に見にくく分かりにくいと思う方もいるので
手順を簡略化した簡易版と画像を多用し手順を細かく書いた詳細版の二つをUPします。
どちらか見やすい方を見て頂ければ幸いです^^

【準備するもの】
・作業用PC
WINDOWS 2000/XPがお奨め。
※確認はとれていませんがVistaでは動作不可の報告もあります。

・SONY純正品バッテリー
バッテリーを改造して復旧&ダウングレード用バッテリーを作成します。
改造したバッテリーでは通常モードの起動ができなくなるので、予備を用意しよう。
※通常のバッテリーに戻せるとの報告もあるので面倒な作業が苦にならなければ予備がなくてもOK。
ちなみに僕は↓で別途購入して今まで使ってたバッテリーをPANDORA'S BATTERY用にしました^^
PSP専用バッテリーパック(2200mAh)

・メモリースティックプロデュオ(Pro Duo)
4GB以下のメモリースティック プロ デュオを用意。
通常のデュオ(Duo)は使用不可。
256MB推奨みたいですが↓の1GBでも問題なかったです^^
SONY メモリースティックPROデュオ 1GB MSX-M1GST

・自作アプリの起動するPSP(FW1.50 or CFW導入PSP)
ダウングレード&復旧用のバッテリーとメモリスティックを作成するのに必要。

・FW1.50データ

PANDORA'S BATTERY(パンドラズバッテリー)データ


【Magic Memory Stick&JigKick Battery作成手順】
①事前作業
・WINDOWS 2000/XPのPCとPSPをUSB接続。
・メモリースティックに大事なデータが入ってる人は作業前にデータを待避して下さい。

PANDORA'S BATTERY(パンドラズバッテリー)のデータをダウンロード&解凍して下さい。

③Windowsのスタート→プログラム→アクセサリからコマンドプロンプトを起動。
・黄色で囲んであるディレクトリに先ほどダウンロードしたパンドラズバッテリーのmspformatフォルダに入っているmspformat.exeとmsinstフォルダに入っているmsinst.exeをコピーする。
※赤く囲んである部分は人によって表示が違うので表示されている場所にコピーして下さい。

dos1

④念の為、コマンドプロンプトからdirと入力しエンターを押し、先ほどコピーした黄色く囲んであるmspformat.exeとmsinst.exeが存在し表示されていればOK。
pd0

⑤コマンドプロンプトからメモリースティックをフォーマットします。
・下記の赤く囲んである部分を各々のPSPが接続されているリムーバルディスクのドライブ文字に変更して黄色で囲んである部分を入力後、エンターを押す。
例:PSP接続リムーバブルディスクがEドライブの場合はmspformat.exe eと入力。
dos2

⑥yを入力後、エンターを押してフォーマットを実行。
・Drive succesfully formatted, and partition moved.と表示されればOK。
dos3

⑦メモリースティックを抜いてからUSB接続を×ボタンで一旦切る。
・再度メモリースティックを挿入しUSB接続。
・PSPのルート上にPSPフォルダを作成。
・PSPフォルダの中にGAMEフォルダを作成。
※CFW導入PSPを使用する場合はGAME150フォルダも作成して下さい。

pd1pd2

・FW1.50PSPの方はGAMEフォルダの中へ、CFW導入PSPの方はGAME150フォルダの中へ
最初に解凍したパンドラズバッテリー内のbatteryフォルダとinstallerフォルダの中身を全てコピー。
pd4

・FW1.50データのEBOOT.PBPをUPDATE.PBPにリネームしてPSPのルート上にコピー。
pd3

⑧USB接続を切ってPSPからPandora's Battery Firm. Installerを実行。
pd5

・下記の画面になれば×ボタンを押して実行。
pd6

・処理が終了すると自動で通常の画面に戻るので再度PCとPSPをUSB接続。

・PSPのリムーバルディスクのルートにmsipl.binというファイルが出来ているので、これをmsinst.exeを置いたフォルダの中にコピー。

⑨Windowsのスタート→プログラム→アクセサリからコマンドプロンプトを起動する。
・念の為、dirと入力後、エンターを押し黄色く囲んだmsinst.exeとmsipl.binが二つとも表示されているか確認。
pd7

⑩コマンドプロンプトからmsinst.exeを実行。
・下記の赤く囲んである部分を各々のPSPが接続されているリムーバルディスクのドライブ文字に変更して黄色で囲んである部分を入力し、エンターを押した後yを入力後エンターを押し実行。
例:PSP接続リムーバブルディスクがEドライブの場合はmsinst.exe e msipl.binと入力。
pd8-1

・Write MS BOOT CODEと表示されればOKです。
pd8-2

・USB接続を切りPSPからPandra's Battery Creatorを起動する。
pd9

・念の為△ボタンを押してバッテリーデータのバックアップを取得後、×ボタンを押してバッテリーデータの書き換えを実施。
pd10


【ダウングレードor復旧実行手順】
⑪ダウングレードor復旧させたいPSPにダウングレード&復旧用のバッテリーとメモステをセットする。
・しばらくすると下記のメニュー画面が自動で起動されるので○ボタンを押してダンプのバックアップを取得した後、×ボタンを押す。
pd16

・TA-082以降のPSPの場合、パッチを当てるか確認してくるので×ボタンを押して必ずパッチを当てる。
※CFW導入予定の方は関係ありませんがパッチを当てるとFW3.30以降にアップデート出来なくなります。

pd11

⑫ダウングレードor復旧作業を実行する場合は×ボタンを押して下さい。
 実行せずに終了する場合はRボタンを押す。
pd12

・下記が表示されたら完了なので×ボタンを押してPSPをシャットダウン。
pd13

⑬ダウングレード&復旧用のバッテリーとメモステを通常のバッテリーとメモステに入れ替えて電源を入れると下記の様に設定が壊れていると表示されるので○ボタンを押し、初期設定をする。
※TA-082以降のPSPをダウングレードすると電源を付けた時に画面が真っ暗状態なので♪ボタン横の輝度変更□ボタンを押すと画面が表示されます^^

pd14

・設定→本体設定→本体情報で下記の様にバージョン1.50になっていれば完了です。
pd15

作業は以上です。
お疲れ様でした^^

↓参考になりましたら下記画像をクリックして下さいm(_ _)m
 
スポンサーサイト
コメント:11  トラックバック:3
 Home 




WEB制作各種代行&極秘情報大公開~確実に稼ぐWEB構築×確かな情報の偽りなき複合錬金法~


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。